秋津野ガルテンdeジャムづくり体験

今日は、最近人気の秋津野ガルテンでジャムづくり体験をしてきました〜カメラ

今日使うみかんは、地元でとれた「三宝」
ここ秋津では、年中通していろんなみかんがとれるんですよぴかぴか(新しい)
P1030072.JPG

まずは、ヘタの部分を切り落とします。
そこから、みかんを4等分して、種を取っていきます。
P1030073.JPG


薄皮ごと実の部分をフードプロセッサーにかけます。
三宝は、夏みかんや八朔みたいに皮が固いので、プロセッサーで薄皮を細かくします。
なお、温州みかんなどの皮を食べるみかんは、特にかける必要はないとのことでした。
P1030077.JPG


続いて皮の部分を細かくスライスします。
P1030074.JPG


その後、苦みをとるために、お湯でゆでていきます。
苦み加減は自分で調節してくださいね。
P1030075.JPG


ゆであがったみかんを、水でさらしながら、よくもみ洗いしていきます。
これで、下準備は終わりです。
P1030078.JPG


さぁ、いよいよジャムづくりかわいい
皮と実を鍋に入れて、火にかけていきます。

今回使う砂糖の量は、みかん1kgに対して約500g
えっ500もっexclamation&questionと思われるかもしれませんが、市販のジャムよりは少ないそう。
それほど甘過ぎることもありません。逆にあまり少ないと、長期保存できないそうなので気をつけてひらめき

砂糖はだいたい3回くらいに分けて入れていきます。
ここに、レモン汁を少々。
あとは、煮立たせるだけ。

フタに自分で絵を書いてオリジナルジャムが完成。
P1030082.JPG
簡単に甘くておいしいジャムができました。
みなさんも季節のみかんでジャムをつくってみてはいかがでしょうぴかぴか(新しい)



posted by ほんまもん王子 at 2011年02月27日/13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・スポット−田辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。