鮎釣り体験in日置川

白浜町の奥、清流日置川。
山と山に囲まれた自然豊かなところ。
そこで鮎釣り体験をしてきましたわーい(嬉しい顔)晴れ

鮎の友釣りは、縄張りを持つという鮎の特性を活かして釣る方法。
おとりの鮎を泳がせて、それに攻撃してくる縄張りをもった鮎を引っかけてとります。

この鮎釣り教室に、大阪や西宮など遠くから約20名もの参加者が集まりました。

早速インストラクターの方に釣れられて、ポイントを探しながら川に入っていきます。
P8210002.JPG
川の水はすごく冷たくて、ひやっとします。
深いところでは、腰くらいまで浸かりましたあせあせ(飛び散る汗)

いざ、鮎釣りスタートグッド(上向き矢印)
曳舟という入れ物におとりになる鮎を入れて出発です手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

鮎釣りは、8メートルもある長い釣り竿を使います。
この竿を操るだけでも、初心者の私にとっては、一苦労ダッシュ(走り出すさま)

おとりの鮎を糸につけるのも、釣り上げた鮎をとってもらうのも
インストラクターさんに全部やってもらいましたあせあせ(飛び散る汗)

P8210022.JPG

なかなか鮎釣りは難しい。
鮎は泳いでくれるのになかなか釣れませんバッド(下向き矢印)
休憩に行こうとインストラクターさんに竿を渡して数分、すぐ釣れましたexclamation
やはり経験が違いますぴかぴか(新しい)

釣った鮎は曳舟に入れておきます。
曳舟を曳いていると、なんだか鮎がペットで
散歩しているようで気分になって、楽しくなってきまするんるん

にしても、みんな、釣りに夢中ですかわいい
P8210026.JPG

そんな私にもようやくヒットグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
釣りを初めて約2時間、やっと釣れましたぴかぴか(新しい)

結果、釣果は鮎2匹とどんこが1匹。
でも鮎2匹のうち1匹はインストラクターの人が私の竿で釣りあげたものですが・・・笑

さて、この2匹の鮎をご覧下さいカメラ
P8210029.JPG
上が天然物。下がおとりに使った養殖の鮎です。
差は歴然exclamation×2天然の鮎はやっぱり綺麗ですぴかぴか(新しい)

最後はキャンプ場でおいしくいただきましたレストラン
P8210030.JPG

ぱらぱらっとふった塩が効いていて最高においしかったです。
自分で釣った鮎をその場でいただく、なんとも充実した1日でしたわーい(嬉しい顔)揺れるハート



posted by ほんまもん王子 at 2011年08月22日/11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・スポット−中辺路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。